高反発マットレスの腰痛と肩こり効果

高反発マットレスで腰痛が治るタイプ

 

腰痛で苦しむ男性

長年タクシードライバーをしていたせいか、30代後半あたりから激しい腰痛に悩まされてきたんだ。

 

定期的に鍼灸に通って、ベッドも新しく買い替えて対応したのだが、どうにも腰のウズキは治まらなかったね。

 

寝ていても腰が痛くなって、夜中に何度も目が覚めてしまう、という毎日だった。

 

それである日ベッドから出て硬い床に薄い布団を敷いて寝てみたら割と感じが良かったから、これはマットレスのせいでは?と気が付いたんだ。

 

さっそく寝具専門店に行って事情を説明し、自分に合うマットレスを選んでもらうことにした。

 

店員さんが選んだのが、最新式の高反発マットレスだ。

 

体圧分散とかいって、実際に寝てみると寝心地は固目だけど、なんだか身体全体に体重が広がっている感じで、腰や肩に負担を感じることがない。

 

こんなに寝心地の良さを感じた事は今までなかったね。

 

このマットレスは西川さんのおすすめ商品で、エアー式のものだ。

 

他にも高反発・体圧分散マットレスはたくさんあって、メーカーによって価格もかなり違っているとのことだった。

 

私が西川さんを選んだのは、正直ネームバリュウもある。

 

10万円以上の高級マットレスだったけど、これでぐっすりと眠れるのだからお安いものだ。

 

その効果を見て、高齢の母もマットレスを変えることにした。価格は半額のものを購入した。

 

こうして、腰の悪い親子が揃って高反発マットレスの厄介になっている。

 

ちなみに半年近く利用しての感想は、かなり良好だね。

 

ドライバーの仕事も何とか無事にこなせるようになって、助かったよ。

 

しかし母はあまり効果が出ていない感じだ。

 

どうやら体重が軽いので、ちゃんと体が沈み込んでいないという事なのだ。

高反発マットレスは肩こりにも効果があるか?

 

肩こりが酷いので、何とか改善したくてマットレスを変えようと思ったんだ。

 

探してみて候補に挙がったのが高反発の新素材で、反発力が170Nの高密ウレタンだ。

 

価格は5万円ほどで、何とか手が出せるレベルだった。

 

他にもウレタン素材は多数あって、1万円以下で見つかるが、やはり寝心地の点で不満があったね。

 

安物はいくら高反発といっても肩や首に負担が掛かって、腰にも違和感を感じた。

 

それでやっと、ぴったりのマットレスを見つけたんだ。

 

家で試してみると、寝心地はかなり良かった。

 

疲れも癒される感じだ。でも肩の方は変化が無い。

 

それでネットでいろいろと調べてみたが、やはり枕にもこだわるべきだと分かった。

 

首から肩にかけての体重分散も必要だったのだ。

 

そこで先の店員さんに、肩こりに良い枕があるかと聞いてみたら、いくつかサンプルを持ってきてくれた。

 

そこで実際に寝そべって、勧められた枕をかわるがわる試してみたんだ。

 

ポイントはネットで下調べをしてきたので、要領は得ていた。

 

まず寝姿勢がぴったりと決まる事と、その上で寝返りがしやすい事だ。

 

これを基本として、更に寝姿勢で呼吸がしやすいかどうか?頭が沈みこんでしまわないか?通気性が良いかどうか?などを丁寧にチェックしたんだ。

 

それで選んだのが、人間工学から発案された調節機能のある枕だ。

 

自分では高さ調整が特に気に入っているよ。

 

これだと寝返りしやすくて、首への負担を感じないんだ。

 

実際に購入して使ってみると、実に心地よく眠れたね。

 

高反発マットレスで血行がアップし、さらに多機能枕の効果で筋肉の緊張もほぐれる感じだよ。

 

1ヶ月もすると肩こりが気にならなくなったので、ほんと購入して良かったよ。

高反発マットレスが合わない人は腰痛を悪化させる場合がある

 

実は、高反発マットレスで腰痛が悪化するという話がある。

 

これは低反発のモノで度々聞かれる話しだが、高反発モノでも時々起っているのだ。

 

そもそも高反発マットレスのキャッチコピーは、『腰痛に最適で低反発より効果が高い』というものだよね。

 

なのにこれでは話が違うと思ってしまうだろう。だが、この話にはそれなりの理由があるのだ。

 

高反発でも腰痛に効かない理由には、寝ている時に腰が浮いてしまう事がある。

 

人の背中はゆるやかにS字を描いているよね。

 

つまり肩胛骨とお尻が出っ張っているので、硬い地面に仰向けになると肩胛骨とお尻だけで身体を支える形になるんだ。

 

これが腰の浮いている状態で、そこで高反発力が強すぎるとその状態になるんだね。

 

私の妻もこの失敗をしたのだ。

 

妻は体重が50kg弱で長身ですが、その為に体重の分散が広範囲になって、お尻がほとんど沈まなかったという事。

 

分かりやすく言うと、軽すぎて高反発力に負けていたんだね。

 

高反発マットレスでは、その方の体重に合わせて反発力を選ぶ必要があるんだよ。

 

これは、購入時にちゃんと試し寝をすれば避けられる失敗だね。

 

妻は購入時に絶対に効くはずと思いこみ過ぎていて、ちゃんと寝心地を確かめていなかったんだな。

 

これは通販などでも起こり得る失敗で、まずサンプルを店舗でお試しして、その上で価格の安いお得なモノをネット買いするべきだという事だ。

 

妻の場合は、お店の方の親切で別の高反発マットレスと取り替えてもらう事が出来たが、返品不能なら数万円を無駄にするところだったんだ。

 

つまり高反発マットレスは体重の軽い人は柔らか目を、思い人は強めを選ぶのがポイントだね。

低反発マットレスと高反発マットレス どちらが腰痛に良い?

 

考える男性

腰痛に効くマットレスとネットで検索をすると高反発マットレスの紹介サイトがずらりと並ぶよね。

 

でも実際に、低反発マットレスと高反発マットレスを比較すると、腰痛改善に効果があるのはやはり高反発という事になるんだ。

 

低反発マットレスの特徴を見ると、とにかく柔らかくて、一旦沈み込んだ身体は、そのままの状態で包み込む性質がある。

 

これはウォーターベッドを想像すると分かりやすいだろう。

 

その寝心地のよさで、快眠ベッドとしては高い評価を受けているのだが、このベッドでは寝返りの回数がグッと減ってしまうというデメリットもあるんだよ。

 

それでは腰痛や肩こりの方には良い効果が得られない可能性があるんだ。

 

そもそも寝返りは、関節や筋肉の位置を修正するためにする無意識行動だったんだな。

 

それでもし体全体を包み込んでしまうと、適切に寝返りができなくなる。

 

これが腰痛を緩和できない一番の理由なんだよ。

 

私も以前は低反発マットレスで寝ていた。

 

確かに寝心地抜群で気に入っていたのだが、仕事でギックリ腰をやってから、このマットレスで寝ていて数回ギックリ腰になりそうになった経験があるんだ。

 

それで接骨院で相談したところ、すぐにマットレスを変える様に勧められたよ。

 

そういった事もあって、今では高反発のエアーマットレスを使っているんだ。

 

使ってみての感想は、寝ていて全く腰が痛くなる不安が無い事。

 

首から背骨のカーブ、そしてお尻に太ももへと均等に体重が掛かっていて、腰のハリが徐々に収まっていく実感を得たね。

 

使って半年だが、今のところはギックリ腰の再発もないね。
コルセットでガッチリと固めている事もあるが、ちょっと腰に力を入れても大丈夫なんだ。

 

低反発マットレスや高反発マットレスの特徴をわりと詳しく解説してるおすすめサイトを紹介する。

 

腰痛にいいマットレスの選び方や、おススメマットレスを紹介しているサイトだけどわかりやすい。
特に低反発マットレスや高反発マットレスのことについては参考になると思う。

 

低反発マットレスは腰痛に悪い理由とは?

 

高反発マットレスは腰痛良い?高反発マットレスの正しい比較とは!

 

 

 

 

 

腰痛におススメ!三つの高反発マットレス

 

TVやネットで評判の高反発マットレスだが、メーカーさんはいろいろあって、実際にどれを選べばいいのか迷うよね。

 

そこで人気の高い上位3位をランキング形式でチェックしてみた。

 

まず人気ナンバー1はモットンだね。

 

モットンは日本人の体型に合わせた腰痛改善マットとして高い評価を得ているブランドだ。

 

その反発力は100N・140N・170Nが用意されていて、体重に合わせて適切なモノが選べるよ。

 

ウレタン密度は30と耐久性もばっちりだね。

 

完全腰痛対策のマットレスだが、実際の利用者からは肩こりや疲労回復効果も得られたと好評だな。

 

またダニアレルギー対策も万全で、小さな子供にもおススメだよ。

 

第2位は雲のやすらぎ敷布団だ。

 

こちらは体圧分散性が独自のノウハウで高い性能をもっている。

 

これこそが高反発のミソなんだ。

 

その点ではナンバー1にしてもおかしくないね。

 

腰痛・肩こり・疲労回復に効果的で、快眠とともに偏頭痛などが改善されたという体験談もよく聞かれるよ。

 

また、ヘルニアがラクになったとの報告もある。

 

またこのマットレスは両面加工で、春夏・秋冬で裏と表を使い分けられるんだ。

 

厚みがあるわりに通気性が非常に良く、夏は涼しく冬は暖かく使えるね。

 

そして3位はマニフレックスだよ。

 

反発力が170Nのハイパータイプで、ウレタン密度が31Dのヘタレ知らずなんだ。

 

厚みも16cmあって、これだとかなり大柄な男性の方でもしっかりと体重を支えてくれるし、逆に小さな子供にも対応できるんだ。

 

マニフレックスの芯材はドイツの厳しいチェックに合格した機能性・耐久性に優れた商品で、何年でも安心して使える優れものだよ。

低反発マットレスで腰痛がひどくてモットンに代えた

 

腰痛で苦しむ男性

腰痛で悩んでいる方はとてもたくさんいる。

 

かく言う私もその一人だった。過去形で話しているのは、ある方法でかなりのところまで改善できたからだよ。

 

以前は低反発マットレスで寝ていたんだが、あるカイロプラクティックの先生に勧められて、高反発の特殊ウレタンで人気のモットンに変えたんだ。

 

その理由は、低反発は腰に良くないとの事だった。

 

半信半疑だったが、90日間の返品保証もあって、ダメもとで試してみたんだ。

 

それで硬めのスプリングマットの上に敷いてゴロンとやったら、ちょうど良い具合に肩とお尻が沈み込んで、体全体がスッポリ包み込まれた感じだったよ。

 

適度なホールド感が何とも心地よかった。

 

だが始めの1週間ぐらいは、何故だか腰痛が強く出て困ったんだ。

 

その事をカイロの先生に聞いたところ、『好転反応ですね』と笑顔で答えていたね。

 

つまり、これまで不自然な形になっていた体形が、徐々に矯正されているために痛むのだという事だね。

 

実際にひと月もすると腰の痛みが小さくなっていて、ちょっとした動作なら違和感を感じなくなっていたんだ。

 

ホントに驚いたよ。

 

これまでハリもダメ、ストレッチも続かず、水泳も試してみたがどれも中途半端に終わっていて、これといった効果が得られなかったんだもの。

 

なぜモットンが腰痛に効果的かと言うと、それはモットンの高反発力にあるんだ。

 

従来の2倍もの反発力で、寝返りがスムーズになり、それで背骨があるべき形でホールドされるからだ。

 

睡眠中の6時間前後は、その状態で筋肉の緩和が進み、長期利用で次第に軟骨形成も促進される。

 

使い始めて半年以上たつが、実に寝起きの良い朝が迎えられる様になり、とても満足しているよ。

モットンを使って肩こりは治る?肩こりは枕も重要

 

『モットンは腰痛には効果的だけど、肩こりの改善となるとちょっと物足りない!』といった評価をネット上で度々目にするけれど、それはちょっと違うんだ。

 

その理由はこういうことだよ。

 

首の部分への影響力に関して、寝る時には枕を使用するために高反発ウレタンの効果が発揮されないからなんだ。

 

つまり枕が邪魔をしているので、肩から頭に掛けての関節・筋肉への矯正が行われないというだけの事なんだな。

 

僕はシステムエンジニアをしていて、偏頭痛が我慢できないくらいの肩こり・バックペインを患っていた。

 

病院で筋弛緩剤を打ってもらったり、かなり整体治療を行ったりしましたが、全く効果がなかったばかりか、薬の副作用で体調が一気に悪化した経験があるんだ。

 

それでモットンにたどり着いて、ひとまずの安静を得たんだよね。

 

しかし実際にモットンで寝てみたら、肩こりに関してはほとんど改善した実感がなかったんだ。

 

腰の感じは良いのに、その効果が肩あたりには表れてこなかった。

 

きっと改善されるのには時間が掛かるのだろうと思って、しばらくは我慢していたよ。

 

でも1月たっても変化がなかったので、モットンを購入したお店にいって相談したら、モットンだけでは肩こりに効かない事がると言われ、『それならば是非めりーさんの高反発枕も一緒に試してください』と勧められたよ。

 

家で使ってみたら、ちょっと良い感じだったんだ。

 

マットレスも枕もしっかりとした弾力で体重を分散させているのが分かったね。

 

使っているうちに偏頭痛が和らぎ始めて、イライラ感が取れていったよ。

 

その後は徐々に肩の硬い感じも取れてきて、今はとても良い感じだね。

高反発マットレス使うなら雲のやすらぎもおススメ

 

おすすめ

雲のやすらぎは敷布団というカテゴリーだが、実は高反発マットレスのポテンシャルを十分に持っているんだ。

 

僕がこの敷布団を知ったのは、隣の寝たきりのおじいちゃんが使っていて、その寝心地の良さを何度も聞いたからだった。

 

僕は体が資本の土建屋だったので、快眠は何よりも貴重だと考えていたんだ。

 

それで、ちょっと高額ではあったが、実力がある雲のやすらぎを買う事にしたよ。

 

独自の体圧拡散製法である、厚さ17cmのこだわり5層構造・クロスクラウド製法によるアルファマットが特徴で、点で体を支えて体圧を無理なく分散させる機能を持っているんだ。

 

この新素材で通常の敷布団よりもバランスよく全身をホールドしてくれて、どんな風に寝返りを打っても体への負担が軽減されるのがメリットだね。

 

僕はヘルニア持ちだったから、寝ていても腰が痛くなってしまうんだ。

 

それで寝返りで跳び起きる時もあったし、まっすぐ寝ていてもしびれる事もあった。

 

しかし、この雲のやすらぎで寝る様になってからは、快眠を得られる様になったよ。

 

それで慢性的な体のダルサが徐々に解消されていく実感も得られた。

 

さらに興味を引いたのは、秋冬用はローレンヌダウン羊毛で春夏用には防ダニ仕様のマイティトップUが用意されている事だ。

 

通気性や肌さわりにも気を使っているのは素晴らしいよね。

 

僕の感想は、雲のやすらぎは本当に寝心地が最高で、高いお金を出して購入する価値のある、本物志向の高反発マットレスだという事だね。

 

つまり安物の偽物はムダになるだけという事だよ。

 

僕の様に体が資本の人には、きっちりと仕事をしてくれる雲のやすらぎの様な信頼性の高い寝具を選ぶべきだと断言できるね。

雲のやすらぎがおススメな人とおススメでない人

 

腰痛改善マットレス・雲のやすらぎは、ネットでも人気が高いので自分でも使ってみたんだ。

 

もともと腰痛もちで慢性的な疲労感もあったから、これで良くなればと思って購入したんだ。

 

使ってみると寝心地は最高だった。

 

いつもはなかなか寝付けないのに、これだと布団に入って30分ぐらいで眠れたよ。

 

それに寝ている間は腰の負担をほとんど感じない点も満足だね。

 

結論を言えば、腰痛は2ヵ月あたりから消え始めたし、寝起きもスッキリする様になったよ。

 

選んで大正解だね。

 

そこで、この雲のやすらぎの長所・短所を踏まえて、おススメできる人とできない人を考えてみた。

 

まずおススメできる方は、腰痛・慢性疲労・冷え症の人だ。

 

それはマットレスの厚さが17cmもあって、5層構造のアルファマットによる独自の体圧拡散効果が、整体と筋肉の緊張緩和してくれるからだね。

 

なので、血行不良の方や疲れやすい人、冷え症の方も試してみる価値があるよ。

 

また布団に入るとすぐにポカポカするので、不眠症の方には快適だね。

 

この様に、基本的にはどなたでもそれなりの効果が得られるので、貴重な睡眠時間を快適に過ごしたい人には適していると言えるだろう。

 

では、雲のやすらぎがおススメではない人とはどんな人だろうか?

 

まず、一つはマットレス自体が大きくて重いので、ベッドではない方にはちょっと面倒かもしれないね。

 

毎日の出し入れがデメリットなんだ。また、肩こりに関しても不満が出るところだね。

 

だが、その場合は枕も高反発でピッタリくるものを選ぶと改善できるだろう。

 

それからネット販売だけなので、前もって実物を確かめられないというデメリットもあるよ。

マニフレックスはこんな人におススメ!

 

病院の入院ベッドにも設置されている高反発マットレスのマニフレックスという事で、自分も思いきって購入してみた。

 

自分の場合は、慢性的に下半身の関節が軋む症状があった。

 

もちろん腰痛も出ていて、医者の診断ではヘルニア気味だと言っていた。

 

ハリや整体で治療をしているが、なかなか改善の兆しが見えずに困っていた時にこのマットレスに出会ったんだ。

 

それで体の変化を感じるのに半年以上も掛かったが、実際に症状は軽くなってきている。

 

取り敢えずは試して正解だという事だ。

 

自分の体験からいえる事だが、このマットレスがおススメな人は腰痛や関節に異常がある方だ。

 

また不眠症にもおススメだね。

 

他にも血行促進の効果から、冷え症やアレルギーの症状が和らいだという体験談もあるよ。

 

マニフレックスは170Nというハイパーな反発力が自慢のマットレスで、体全体が万遍なく支えられている寝心地が得られる。

 

つまり体重が偏って一か所に掛からないので、全身の血行アップと整体効果が期待できるのだ。

 

その為に関節痛・筋肉痛の緩和がなされ、かつ代謝改善で冷え症やイライラ、疲労回復などにも効果を表わすのだね。

 

そう言った体調の改善で免疫力がアップしたとしても不思議ではない。

 

またウレタン密度31Dのマニフレックスは、年中使っていてもヘタレ知らずで、寝たきりの方にも適しているのだ。

 

もちろん体重のある方でも安心して利用ができるはずだ。

 

つまり、基本的にどなたでも利用価値のあるマットレスなのだ。